Lyngby porcelain/リュンビューポーセリン スープカップ&ソーサー

3,800円(税込)

購入数
《商品説明・特徴》
デンマークの首都コペンハーゲンの北に位置するコンゲンス・リュンビューという町に1936年に設立されたリュンビューポーセンリン。歴史あるロイヤルコペンハーゲンとは一風変わったポップで明るい製品を作っていましたが、1965年にわずか33年で閉鎖されてしまいました。その後、2012年に復活し、北欧デザインの台頭として再注目されています。こちらはその短い33年の間に製造されていた両耳のついたスープカップ。ソーサーもついて、優雅でおしゃれな朝にぴったりです。

《メーカー》
Lyngby porcelain/リュンビュー・ポーセリン

《シリーズ》
tangent/タンジェント

《年代》
1963-1969

《サイズ》
カップ 口径 11.7cm 高さ5.5cm
ソーサー 直径15.5cm

《コンディション》
良好