《商品説明・特徴》
J・H・クイストゴーは50年代から70年代にキッチン用品から家具まで幅広いジャンルで活躍した北欧デザインを代表するデザイナーの一人です。中でも木の葉が浮き出るレリーフ、お花模様のアズール、ハート形のコーディアルなど、クイストゴーが手がけたストーンウェアのこれらの食器はかつてデンマークの家庭で最もポピュラーな食器と言われており、3つの会社が引き継いで製造していました。
ルーンは3世紀から14世紀あたりに北ヨーロッパで使われていた文字です。魔力を持つ文字として、魔術や儀式にも使われ、北の海賊ヴァイキングも愛用していたとのこと。
ダイヤのような模様はイングと言い、豊穣・繁栄・創造エネルギー・美など豊かさを表す文字だそうです。一見シックですが存在感があり、手塗りの釉薬が一つずつ違った魅力を作り上げています。

《メーカー》
Bing og Grøndahl/ビングオーグレンダール(B&G)
《シリーズ》
Rune/ルーン
《年代》
1970年代後半〜1980年代

《サイズ》
直径21cm×高さ3cm

《コンディション》
良好